外科・胃腸科・消化器科整形外科・皮膚科
【診療時間】9:00~12:30/14:00~18:00 ※土曜日は9:00~13:00
TEL:028-662-6710
お知らせ
初診の方へ
リンク
お問い合わせ

宇都宮市の外科・整形外科・皮膚科|風邪・高血圧・鼠径ヘルニア

下肢静脈瘤

MOBILE SITE
HOME»  下肢静脈瘤

下肢静脈瘤

硬化療法

 静脈瘤内に特殊な薬剤(硬化剤:ポリドカノール)を注射して、静脈内に炎症をおこさせ病的静脈のみつぶしてしまう方法です。硬化剤注入後は、2~3日弾力包帯を巻いてもらいます。静脈瘤の消失後はしばらく弾力包帯から治療用の弾力ストッキングに変更します。

結紮術

 局所麻酔科に小さな切開で伏在静脈を結紮し、さらに逆流を起こしている穿通枝(術前に超音波でマーキングしておきます)を結紮します。残った静脈瘤は、硬化療法を追加します。術後1ヶ月間は弾力ストッキングを着用していただきます。

(参考:根本猛彦他 日帰り手術での結紮術併用下肢静脈瘤硬化療法 手術56(3):361-65,2002)

下肢静脈瘤抜去術(ストリッピング)

 弁不全のある伏在静脈本幹を特殊な器械を用いて抜去します。
 前記の高位結紮術を行った後に、その末梢の伏在静脈本幹を抜去し、さらに主な静脈瘤を切除します。局所麻酔で可能です。基本1泊入院で施行してますが、当日帰宅する事も可能です。

レーザー治療

 当院ではまだ対応しておりません。

PAGE TOP