外科・胃腸科・消化器科整形外科・皮膚科
【診療時間】9:00~12:30/14:00~18:00 ※土曜日は9:00~13:00
TEL:028-662-6710
お知らせ
初診の方へ
リンク
お問い合わせ

宇都宮市の外科・整形外科・皮膚科|風邪・高血圧・鼠径ヘルニア

大腸内視鏡検査

MOBILE SITE
HOME»  大腸内視鏡検査

大腸がんの早期発見

 近年日本でも、食生活の欧米化に伴い、以前は欧米諸国で発症率の高かった大腸がんが増えてきています。日本人の癌による死亡率の変化をみますと、胃がんは、むしろ減少傾向にあり、日本人女性の癌による死因の第一位が、大腸がんが占めるまでになっております。
 食生活の欧米化を改善するために、動物性脂肪、タンパクをとりすぎないようにすることも重要ですが、これにも増して重要なのは、病気の早期発見です。
 現在大腸がん検診として、便の潜血反応が用いられておりますが、当然のことながら出血している病気しかわかりません。つまりある程度進行して大きくなった病変でないと陽性になりません。早期がんは、出血しないことが多く、便秘等の症状もありませんから見逃されてしまう危険があります。進行がんの10%、早期がんの50%を見逃してしまうという報告もあります。もちろん便潜血検査が無駄ということでなく、受けないより受けた方が有用であるのは言うまでもありません。
それでは、大腸がんの早期発見に最も有効な検査は、何でしょうか?それは大腸内視鏡検査です。
大腸内視鏡検査により、進行がんはいうまでもなく、大部分の早期がんの発見が可能です。初期の早期がんは、お腹を切らずに切除することも可能です。
 また大腸ポリープは、胃のポリープと異なりある程度大きくなると癌化するものもあり、これを切除することにより、癌の予防にもなります。
 以上から40歳をすぎたら、一度は検査することをお勧めします。

特に検査対象となる方

検診で便潜血陽性を指摘、今まで順調だった排便が急に便秘気味になった、便柱が細くなった等

検査でわかること

大腸ポリープ、大腸がん、大腸憩室、炎症生腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)等

大腸内視鏡検査の受け方

-これから内視鏡検査を受ける方へ-


  • 検査の前日は、繊維が少ない検査食をとっていただきます。前日の夕食は午後9時ぐらいまでにとり、その後は絶食です。水分はとって構いません。

  • 前日夕食後に指定の下剤を飲んでいただきます。当日は約1.5リットル程度の大腸の洗浄水を飲んでいただき、お腹の中を空にします。

  • 便がきれいになったら、検査着に着替えていやだき、検査室へ移動します。

  • 検査中はリラックスしてベッドに横向きになってください。

  • 大腸をよく観察するために横向きから仰向きになっていただく場合もあります。担当医の指示に従ってください。

  • 検査でポリープを切除した方は、経過観察のため、1泊入院していただくこともあります。
PAGE TOP